害獣駆除

害獣の被害報告

人々の生活を脅かす害獣は、近年被害が拡大しています。害獣には様々な種類が存在しており、種類によって与える被害内容も色々とあります。一般的に知られている被害は、家屋に害獣が住み着いてしまうことがおこります。屋根裏などに侵入して住み着いてしまった場合、排泄を家屋内で行う場合が多く、それによる異臭や家屋の劣化などが深刻です。排泄物があることで寄生虫などが発生し、健康に害を与えてしまうことが予想されます。害獣は家屋に侵入した場合、ほかの動物に自分の縄張りを知らせるためなどに排泄を行いマーキングするため、一度侵入を許してしまうと被害が起こる可能性はグッとあがります。これら排泄物が原因で家屋が腐ってしまう場合もあります。ネズミやハクビシンなどといった小型の害獣が侵入した場合に起こりやすいです。また、害獣は夜行性の場合が非常に多く、騒音の被害ももたらします走り回ったり鳴き声がしたりなど、寝不足に陥ることもあるほど、深刻化しています。害獣は雑食性の動物であることが多く、飼っている家畜やペットにも被害が及ぶ可能性があります。伝染病を媒介する害獣は多く、接触することで病気になってしまう可能性は高いです。

害獣の被害に悩まされている場合、早急に害獣駆除の專門業者か行政に駆除依頼をする必要があります。放っておくと、被害は益々深刻になり、周辺の住宅まで被害が拡大してしまう恐れがあります。害獣駆除は自分で行うことは基本的に禁止されており、資格がなければ捕獲や駆除を行うことができません。特に最近頻繁に被害報告が上がっている外来種の害獣に関しては、しっかりと法律で定められています。害獣を発見した場合や、害獣による被害を受けた場合は、速やかに害獣駆除專門の業者に連絡をするか、行政に連絡をすることが求められています。

被害と駆除方法

木造住宅の土台や内部を食害するシロアリは近年問題視されています。湿気を好み、木材に穴を開けて木の内部に巣をつくります。繁殖威力も高く、個体数が増えると一気に家屋への被害が広がります。

Read more

シロアリの発生予防

シロアリは湿った場所や腐敗した木材を好みます。そのため木造住宅の床下などで繁殖することが多く、家屋を支える主要な木材が食害されてしまうと木の部分から家屋が倒壊する危険があります。

Read more

多くの種類がいる

日本国内にいるシロアリは複数の種類が存在します。暖かい地方に生息し、食害のスピードが速いシロアリは、腐敗して枯れた木を食すため、木造住宅は甚大な被害を受けることが多いです。

Read more

家を守るため

家に長く住むためにはお金が掛かります。害虫の駆除もその一つで、家屋を食べてしまうシロアリの駆除はしっかりと行う必要があります。シロアリ駆除は決して安価ではないですが、家の価格に比べたらとても安いと考えることができます。

Read more